読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋の夜長に勝手に石見神楽を解説しようじゃないか。

島根西部の伝統芸能・石見神楽を妄想と主観で解説してます。ビギナー向け。

【小ネタ】武器解説①〈刀剣乱舞編〉

桜がちらほら咲いてきましたね、もう春ですね、って書こうと思ったのに昨日雪降ったよ?!寒いんですけど!!三月なのに寒いんですけど!いやだ!!!!!

 

演目解説をしなきゃなーと思いつつ、シーズンオフだから気分が乗らないなー、でも今のうちに色々書いときたいなーっていう気分なので(グダグダ)、今回はちょっと趣向を変えた記事をば。しばらくこんな感じで小ネタ記事増やしていこうかな。

 

さて、一体何を企んでいるかと申しますと、ふふ。

 

神楽に出てくる武器の解説、やりたいな

 

いやね、気になりませんか?神楽の武器たち!!ドラクエ解説書熟読派なので、もうまとめたくてまとめたくて!!仕方なかった!ほんとは『日本武尊』や『八十神』とか色々演目解説してからやろうと思ってたけど、5か月間ちまちまやって、まだたった7演目しかしてないからね!!今気付いたよ!!こりゃ全部やるのに死ぬまでかかるなと判断したので、やりたいやつから書いていこうと決意した次第です。

 

てことで、今回は神楽に登場する武器を解説!!いらっしゃい!!なににするかね!?笑*1

 

 

まずは最強最高の攻撃力を誇る一振り、「十束剣(とつかのつるぎ)から。

これは『大蛇』で須佐之男命が八岐大蛇を退治した伝説のドラゴンスレイヤースサノオ所有の剣といえば後述の「草薙剣」が有名だけど、神楽での活躍度合いはどう考えたって「十束の剣」が一番。何と言っても花形二演目で活躍してますからね。それをスサノオは初期装備って。旅の途中で売らなくて良かったね。

「十束剣」は「十拳剣」「十握剣」とも表記され、その名の通りこぶし10個分の長さの直刀だと言われています。実際に自分のこぶしで測ってみると、割と長いな??腰からふくらはぎの真ん中くらいまである。腰から下げると歩くとき邪魔そう。色々調べてもらえれば分かるんですが、こぶし10個分の長さの剣なら全部十束剣と呼ばれるので、ここではスサノオが所有していたものについてご紹介。

この剣は別名「天羽々斬(あめのはばきり)と呼ばれ、「羽々」は「大蛇」のことを指すんだそうな。そのうえ、大蛇退治の戦利品草薙剣」の「ナギ」は蛇を表す古語古代インド神話の大蛇を指す「ナーガ」にも通じるらしく、実にニョロニョロしてるニョロ!!ヘビといえば「大蛇解説」でも書きましたが大河・暴れ川=豊作の象徴なので、八岐大蛇と奇稲田姫は表裏一体の関係にあると見て良さそうですねー。ちなみにヘビの尻尾を切ったとき「草薙剣」に当たって、刀身が少し欠けちゃったんだそうな。また、『鍾馗』で疫神を退治する際にも「十束の宝剣」が使用されています。

てことは…巨大モンスターに悪玉のボスも倒しとるわ、しかも一人で(ドラクエⅠかよ。)なので、神楽で最強の剣は「十束剣」に間違いないでしょう!!!

 

お次はみなさんお待ちかね、草薙剣(くさなぎのつるぎ)

前述の通り、大蛇の尻尾からテレレレッテレーと出てきた三種の神器の一つです。出てきた時点では出雲地方特有のどんよりとした天気になぞらえ、天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)と名付けられました。あのさ、こっちの方がイカす名前だよね??ね?スサノオDQNなのにネーミングセンスぱないっすから、インテリDQNすわ。尊敬。

この剣をケンカ中の姉・天照大御神に献上し、「八尺瓊勾玉」と「八咫鏡」とともに三種の神器となりました。この3つの共通点は、八岐大蛇も含めて「8」という数字に関連すること。一説には古代の日本では8が聖数であったためだとか、「八百万の神々」然り「たくさんあるもの」という意味だとか*2。「八雲立つ出雲八重垣~」とかもそうだしね。末広がりな縁起良い系神秘の剣です。

だからと言って決して攻撃力が低いわけではなく、『日本武尊(やまとたける)』では火攻めに対し周囲の草むらを一瞬にして薙ぎ払って劫火を鎮めたりと、剣としての真価も見せています。それが由来となって、「草薙剣」と呼ばれるようになりました。MP上昇かつ道具としても使える感じで重宝しますな~。さすがモンスター倒して手に入れたお宝だけはある。現在は熱田神宮に奉納されており、皇居の宮中には祭礼用のレプリカが置いてあるそうです。

 

武勇伝に武器とくれば、鬼退治に名刀は切っても切り離せません!!大江山』で鬼を斬りまくった刀たちだって、その名を後世に残しています。

リーダー・源頼光が酒吞童子を切った刀は童子切安綱(どうじきりやすつな)といって国宝に指定されている超お宝。「天下五名刀」の一つに数えられています。罪人の死体を使って刀の切れ味を試した際には、6体分をぶった斬って下の板まで刃が届いたんだそうな。バイオレンスだな…。逆にどんだけ板硬かったんだ。

源氏重代の宝刀はまだまだあって、源氏三代・源満仲が作らせた二振りの太刀も超有名。その名も「髭切(ひげきり)「膝丸(ひざまる)。これは、髭膝・膝髭・源氏兄弟とも呼ばれる見目麗しい兄弟カプでじゃなかった、前者は罪人の首を顎ひげごとぶった斬り、後者は膝までぶった斬ったことで元より有名だったのですが、満仲の嫡子である頼光に渡ってから、さらに後世まで名を馳せることとなります。

護身用にと頼光四天王の筆頭・渡辺綱様に渡された「髭切」は、戻り橋』で酒吞童子の右腕・茨木童子の左腕を刎ねたことにより「鬼切(おにきり)と名を変えます。ちなみに、『大江山』で数多の鬼を切り伏せた綱様所有の刀も「鬼切」だったそう。(大江山のややこしい前後関係はこちらから→『大江山②』)。また、「鬼のビッグネームを斬った」ことから、先ほどの「安綱」と伝承がごっちゃになって同一視されてるみたいですね。なんだと!?様が持ってんのが「鬼切」だァァァ!!エビマヨネーーーズ!!!!(←わかるかな…??)

一方、「膝丸」は『大江山』の後日譚・『葛城山』で登場。熱病に悩まされる頼光に奇襲をかけるため侍女・胡蝶に化けた土蜘蛛を辛くも退けた刀です。満身創痍の頼光は「膝丸」の名を「蜘蛛切(くもきり)に変え、綱様に打倒・土蜘蛛を託します。これ、広島らしく女に化けるという設定ですが*3、能では僧侶が寝所を襲うというくだりになっていて(犬夜叉だ…!!)、「平家物語」では頼光自らボコりに行ったとかなんとか。無事に土蜘蛛を退治した綱様は「蜘蛛切」を主のもとへと戻します*4さすが綱様。頼光より全然活躍してます。主役を取って食う勢いです。実写化は一生様でお願いします。

その後、度々の改名を経たりなんか色々あって「髭切」は頼朝に、「膝丸」は義経に渡り平家を滅亡に追い込み、義経が討たれたことにより頼朝に所有されたそうです。なんつードラマチックなんだ、源氏兄弟。良いよ。そういうの良い。

 

すげー切れ味の良いすごい刀だ!!と褒めまくってますが、ガチレスすると、骨って切れないからな整形外科手術もドリルですっからな

日本刀の正しい扱い方は、刃を水平にして骨と骨との間を狙うか、頸動脈をズバッとやるのがサクッと殺れる。なので、骨を断つためには西洋の剣と同じく叩き折るという表現が正しい。つまり、名刀とは刃が薄いのに刃こぼれしにくい=耐久性に優れた⇒激闘を制した刀のことなのではと思います。ちなみに私は海外刑事・医療ドラマ好きでこういう要らない知識がいっぱいあるのであって、漆黒の追跡者とかではありません。

 

 

あれれ?小ネタなのにいつも通り長くなったよ??まだ弓矢とかやってないよ??よ?

うーーーん、でもここで強制終了!!長すぎ!!いつも通り!!!泣

なので他の武器はまたの機会にアップします!!ごめんなさい!!(グダグダ)

 

 

 

タイトルで気付いた人、察しが良くて大変助かります…。

 

*1:ここでご紹介した武器は『伝説の「武器・防具」がよくわかる本』(佐藤俊之監修・造事務所編著,PHP文庫,2007年)を参考に解説しています。楽しい文章と豊富な文章量かつ美麗イラストでオタク心をくすぐる、めっちゃ勉強になる文庫本です!初版が出てから10年たってますが、オススメしたいな…。超面白いんだこれ~~~( ´;ω;`)

*2:8は4の2倍ですから、物事が良く安定・発展するようにという意味だったんじゃないかなと思ったり。4っていうのは凶数とされていますが、机にしても家にしても、大体のものは4点で支えられていますよね。力学的には3点で十分なはずなので、四角というのは人間が最も安定する形なんだと思うなー。なんかここらへん深そうですよね。(ただのオカルト好き。)

*3:14世紀ごろに書かれた『土蜘蛛草紙』には女に化けたという記述あり。

*4:綱様は大江山関連でいっぱい活躍してるからか、他の四天王・卜部武季(うらべのたけすえ)、碓井貞光(うすいさだみつ)の存在感フワッとした二人に出番を譲る場合もあります。

【Q&A】こだまでしょうか。はい、そうです。

てことで、リハビリ記事第一弾は「神楽Q&A」をしようと思います。

はてぶには「アクセス解析」という機能がありまして、今アクセス数がなんぼだとか、どんな検索ワードでうちのブログに来ちゃったのかなとかが分かるようになってるんですが、突然なんだけどさ、あの、検索ワード、超面白いよね

なんか全然神楽と関係ないのにうちに来ちゃって申し訳ねー!!っていうのが多々ありまして、、、例えば「ジレ チョッキ ベスト 違い」とか!!本当に申し訳ない!!※ちなみにベストのフランス語がジレで、チョッキも含めたこの3つはほぼ違いがないんだってさ!!

ログイン状態で検索したものはちゃんと分からないようになってるので安心して頂きたいのですが(全体の約7割)、それ以外からのアクセスは検索ワードが分かるので、神楽についてみんなが気になっていそうなことを私なりにお答えしてみようかなと思いました。なので、別に質問をたくさん頂いたからじゃなく、私が勝手に疑問に答えるという自家発電的な、環境に優しい感じでやってみたいと思います。

 

ということで今回は「Q&A」ですが、いつも通り自問自答・自作自演の通常運転でお送りします

 

さて、本ブログで一番アクセス数が多いのは何といっても『滝夜叉姫』関連の記事でして、解説はおろか雑記を含んだ感想までよく読んで頂いております。まことにありがとうございます。

その中でもとりわけ「口上」でお越しになる方がホント多かった。これはねー、ある程度は予想してたんですけどねー、やっぱりかーって感じでした。

神楽のセリフである「口上」に関しては私もいつも悩むところで、全部現代語に翻訳して全編解説した方がいいのかなとも思ったり。

でもなー、歴史が長いとはいえ、口上も著作物に入ったりする場合があるので、全編公開するのはなー、ちょっとなー、気が引けるんですよね…。権利関係ってムズカシイよね…。なので、コメントで「この演目のこの部分なんて言ってますかねー」的な質問があれば、それに答えるという形がいいのかなとも思ったり。うーん。でもなー、神楽団さんによってセリフが多少違うからなー。ってゆうか口上が聞こえてる時点でビギナーさんではないような??うーん。難しいところです…。

どうしても気になる!という熱心な方は、矢富巌夫先生がお書きになられた『石見神楽』(山陰中央新報社 ,1985)にほぼ全ての演目の口上がフリガナ入りで載っていますので、とっても参考になるかと思います。また、島根県内の大きな図書館には研究や郷土資料のために実際神楽団で使われている「口上本」(神楽の台本のこと)が置いてありますので、機会があればそちらもご覧になってみてはいかがでしょう。

ちなみにわたしもこのブログ書くとき、図書館で口上本をコピーしたり神楽関連の本を借りたりしながらやってます。

 

※追記:コメントから指摘して頂いて気付いたのですが(ありがとうございます!)、私がなんでわざわざ紙媒体の資料をご紹介したかというと、ネット上に口上が無いからです!!一部分だけなら見かけますが、全編公開はされてないようなんですね。とっても需要あると思うので、ぜひ、ネット公開して頂けたらなと…。誰かお願いします…。

 

 

次に多かったのは『大江山』『大蛇』関連ですかねー。このへんはある程度、記事内でお答えできていたように思います。「神楽のオロチは一体どうなってるの?」という単刀直入な疑問には『大蛇図解』が分かりやすいかな。

そのほかは直接演目に飛んで来てるみたいなので、当ブログを楽しんでいただければそれで幸いですー。

 

あと面白いなーと思ったのは、神楽 とは 何っていうもうすげー根本的な疑問が何件かありました。ほんとそれな。わたしにもおしえておくれ。

神楽の起源は諸説ありますが、石見地方の観光サイトなどで上手にまとめられていますし、『滝夜叉姫』〈基礎編〉でもさらっと触れていますので、そちらをどうぞ。

でもねー、私も〈基礎編〉まとめながら思ったんだけどね…?はっきり言って、小難しいよね。初めて見る人「…だから、何??」って感じじゃない??!!「神楽は祭式の一つで~」「お祈りをして~」「ストーリー性のある演目もあって~」って言われても分かんないよ!って思いませんか!?カバンの中も机の中も探したけれど見つからないから踊るしかないみたいな気持ちになりませんか!??

なのでね!!神楽っていうのは、主にこうだから!!!!!!

 

神楽=「人外×人外」「人×人外」「人×獣」!!!

 

そう!!!!!!それがすべて!!!ここに新たなる公式が生まれたよ!!

大体こんな感じで戦ってると思って下されば結構。なぜ「v.s」ではなく「×」かといえばそれはわたしの趣味…って痛いよ!オロチの尻尾で殴らないで!!地味に痛いよ!

まぁそんな感じでね(←?)神楽ってのは本当に無限大だなってことがお分かりいただけたらそれでいいんですよ。それで幸せです。

 

あと、これは質問があったわけではないのですが、どうしても書いておきたいことがありまして。

 

KAGURA姫効果で「神楽始めたいな」って人、絶対いると思うんですよ。

なので、神楽をやってみたい人の参考になればいいなって、もうちょっとだけ色々書かせて下さい。

 

 

まず。

神楽をするには「神楽団」に所属する必要があります。フリーランスで神楽やってますって人はちょっとまだ聞かないですね。

神楽団にも色々あって、地元の大人が所属する「神楽団」や子供さん向けの神楽教室のような「子供神楽団」、高校・役場など所属団体内で結成されたものもあります。

また、広島のように若い人が主体となっているところや、逆に島根のような過疎地ではご年配の方々が中心となっているところ、それに加えて、コンテストで上位を狙うところ、秋祭りの奉納神楽がメインのところ、伝統芸能の存続が第一のところ、各団体によって年齢層や目的など実に様々なのです。

 

この中から自分に一番合った神楽団をすぐに見つけ出すのは、難しいですよね。

 

仕事との両立が大変だとか、とっても華やかだけど練習が超キツいとか、年配の方ばかりで気を遣うとかね。入ってから「あー、なんか違うかもな…」って思っちゃったり。

これは気持ちがよく分かるのですが、こういう芸事関連ってホント答えがない、ゴールがないので、「あっちの人はこういってた」「別の人はこれをしろっていった」っていうことが起きやすいんですよね。かといって実力至上主義ではなく年功序列だったりするし…。人間関係が原因になってやめてしまう場合も、やっぱりあるみたいです。

 

ここらへんのハードルが子供神楽ならかなり低いので、「神楽やりたい」っていうお子さんがいれば、子供のうちから稽古場の空気になれておく方が後々長続きしやすかったり、復帰しやすかったりするので、ご両親とよく相談してから神楽を習いに行くというのは、とても良い方法かなと思います。

 

で、もし、大人になってから「あ、神楽してみたいな」って方いらっしゃるなら、ちょっと一旦、深呼吸してもらえますか?

 

ノリと勢いで始めるぞー!!まずはやってみないと始まんねぇよ!!って人はどうぞどうぞ、やってみてください!!引きこもりコミュ障なのでそんな生き方にしびれるあこがれるゥ!!って感じで応援してます!!ぜひ、がんばって下さい!!

 

でも…、それってなかなか難しいですよね。よくわかります…。

それに、田舎ってそうは言っても閉鎖的な環境なので、些細なことが後々まで残ることがままあったりします。

これは私個人のおっせかいな意見なんですけど、神楽すごい好きなのに、やめちゃったということが気後れで神楽を見に行けないというのは、とても悲しいことだと思うんですよね。

 

だから、まず始める前によく見てほしいんです。

どんな舞をするのか、どんな社中さんなのか。どんな雰囲気を持っているのか。例えば伝手で聞いてみるのもいいでしょう。SNSで質問してもいいと思います。よくリサーチしてみてください。

 

神楽は、なくなったりしませんから。

ゆっくり選んで大丈夫です。

 

ここだ!と思えるところに出会ったら、連絡を取ってみてください。石見は基本的に後継者不足なので初心者歓迎のところが多いですし、練習も都合によって融通してもらえるとこもあるそうですよ。事前に色々聞いてみると安心だと思います。

 

わたしも「そんなに好きなら入れば?」ってよく言われるんですが、いやー、たしかに食い入るように見てるけどね、「うひゃひゃひゃひゃ!推しカプ!」とかそういう暴走テンションで見ちゃうのでね…、神様に失礼極まりないなと思い謹んでおりまして。

見るだけでも十分楽しいんですが、こういうものはやはり、見るよりやる方が数倍も偉いと申しましょうか、舞手になるというのはそれだけで素晴らしいことです。

なので、ぜひチャレンジしてもらいたいな、と僭越ながら思っている次第です。

 

 

まぁ、神楽は神様のものなので、合う合わないって絶対出てきますから。人じゃなくて土地と合わない場合とかもありますから。

 

「ダメだったとしても、それはこの土地の神様にあんま気に入られなかったんだなー」っていうくらいの軽やかな気分で、その一歩が踏み出せますように!

 

 

 

 

久々々々だから僕は、ブログの書き方忘れたよ。

(久々すぎて書き方ぼんやりなので、今日はこの2ヶ月間の言い訳と、見てくださった方へのお礼を述べたいと思います。完全なるネタ?記事です。)

 

年末に『御座』の記事書いて早2ヶ月。待望のKAGURA姫の再放送もあった。ケーブルで神楽放送した。年末年始は神楽の公演もあった…。なのに全然更新しない本ブログ。どうしたんだ…?突然死か…?ログインの仕方忘れたのか…?

 

お久しぶりです。生きてます。

最近ちょっとあったかいですね。まだ寒いけど。こうして寒暖の差が激しいと体にこたえます。ババアだから。(…アレ、同じようなこと秋にも言ってたよ?)

 

みなさまは、いかがお過ごしでしょうか?

 

わたくしはというとですね、この冬なんで全然更新しなかったのかというと、別に私が変温動物でオロチだったとかいうオチでもなく、ただただ卒論とレポートが忙しかったからです。そしてそのせいで腰痛がひどかったからです。ババアだからね!!

おかげさまで無事に書き終えたはいいものの、寒いし!腰痛いし!パソコンがウ゛ウ゛ウ゛ーーッッ!!!って壊れそうだし!てゆうか、しばらく文字打ちたくねぇし!ということで勝手にお休みしてました

まー、うちのブログ見に来る人なんてほぼいねぇしよー、サボってもいいべ。と思ってライブ行ったり漫画しこたま買ったりオタ充してたわけなんですけど*1

まさかの!!!!

 

もうすぐ2000view到達する!!!!!!!!

 

いや、別に太字にも大文字にもする必要ないんですけどね、でもでも、みなさま見て下さってありがとうございます。

びっくりしましたよ~!だって昨年の10月から始めて年内に1000行けばいいなーって思ってたら!まさかの2000って!まじか!!

マイナージャンルを病気テンションで綴る本ブログなのですが、知らぬ間にブクマ?っていうのかな??なんか「B!」ってやつを頂いていたり、『御座』をFacebookにシェアして頂いたりと、真にありがとうございます!!お礼が遅くなってすみません。ガチで今気づきました…。

本当はお一人お一人に「あ、あ、あ、あ…」ってカオナシみたいに挙動不審にお礼を述べたいのですが、Facebookやってないうえにハテブの使い方がよく分らんのでこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございます、励みになります!!

おかげさまで、何にもしてない時もアクセスして下さったり、イベントがあると50~60くらい覗きに来て下さったりしております。冬~春は神楽のオフシーズンなのに神楽に興味をもって頂けていることが実感でき、大変嬉しく思います。

 

では、今春から頑張ってブログの更新するぞ!!

次回は「オタ社中、社交ダンスを始める~まずは衣装を着れる体形になろう~」です。お楽しみに!!*2

*1:ちなみにいま一番熱いマンガはボールルームへようこそです。いまさらかよ!!てゆうかどっかに仙石先生ころがってませんかね~?社交ダンス始めればいいのかな??ちなみにこの夏にアニメ化なので要チェックです。

*2:ウソでーーーーーーーす!!©世界の果てまでイッタキリ

【御座】だが、この動画を見てもらった方が早い。

ハロー、どうも、生きてますよ。

なーんもしてないゆるゆるブログなのに、最近は日平均15アクセスくらいありまして、嬉しいかぎりです。「KAGURA姫」ブームも落ち着いてきたし、神楽のシーズンも終わっちゃいましたが、アクセス数を見るとまだまだ神楽に興味を持って頂けていることを実感します。本ブログにお越し下さり、まことにありがとうございます。

 

さて、わたくしはと言いますと、他のヲタ活にいそしんでおりました。アニメにKぽに年の瀬は忙しいんですよね!!時間がないよ!!てゆうか、金がなくて銀盤の円盤が買えない(悲痛) 。なので、年末にネタ記事出して、年明けにめでたい系の解説を1個書いたらそれでいいやーと思っておりました。

 

 

が!!!!!!!!!

 

 

超面白い動画を発見したので急きょ書くことにした。これ。↓

www.youtube.com

リンクはYouTubeなんですけど、やー、発見したとき笑ったね。江津青年会議所さんのチョイスがなんかもう、渋くて!!笑った!!いや、そうなんだけど!!江津と言えば大元神楽なんだけども!!『御座』て!!!!!

郷土愛あふれすぎてて笑いました。アニメ化できそうだね笑。

 

この『御座』という演目は、大元神楽系の演目を持っている神楽団ならばどこでもある超メジャー級なものでして、実はそんな珍しいものではありません。(大元神楽のさらっとした説明についてはコチラ。→【小ネタ】)

だがね!!舞っておられる市山神友会さん=市山大元神楽っていうのが、スゲー!スゲー!スゲー!とこでしてね!!神憑り」=「託宣」が実際に起こる神楽として有名なんですよ!!(←興奮気味)

「KAGURA姫」の前日に再放送された「新・日本風土記」の神楽がテーマの回でもNHKのカメラクルーが来てたし、遠方から偉い学者先生が来られたリ、その先生が大元神楽の本をお書きになられたりと、その分野では超超超有名な民俗信仰なんですよ!!

 

だからね、みんな見た方がいいよ!!!!!!!

 

 

…といっても、さっぱりプーでしょう。基本的に、玄人の中の玄人しか知らない神楽なんですよ、大元神楽って。私はここら辺に住んでたことがあるので、運よく知ってるってだけです。大元神楽に関しては、まだまだまだまだ勉強不足です。

 

 

でもまぁ、せっかくなので、今できる範囲で解説を。

 

大元神楽は石見中部の山間部、といっても中国山脈までは行かず、ちょうど山と海の真ん中くらいの地方で受け継がれてきました。

特に、市山神友会の本拠地・江津市桜江町は神楽の見本市みたいなところで、江尾大元神楽は国指定無形文化財なはずだし、谷住郷の八調子は海沿いエリアっぽい派手な感じで、市山大元神楽はさっきも言った通り「神憑り」があって、なんか濃い濃いいよキャラ立ちしすぎよ。

この中でも市山大元神楽は、「新・日本風土記」でも「神憑り」が貴重映像資料として放送されていたように、全国の神楽の中でもとりわけ特別な存在

芸能として花開いた「KAGURA姫」の芸北神楽や、神事の一環として奉納される出雲神楽はもちろんのこと、同じ地方で受け継がれてきた石見神楽とも一線を画しており、まさに、独特かつ異様。そして何よりも、魅力的。

そんなあやしげ―な、オカルティーな信仰が、人柄のとても良い、あたたかく優しい土地柄で育まれてきたなんて、もうカオスとしか言いようがない

不思議なところだ、桜江町。*1

 

ここらへんのことはいつか記事にしてまとめるつもりなので、目下勉強中です。それでは、勉強中の身ではありますが、一応、演目の解説もしてみますね。 

 

…って、この動画すでに解説がついてるよぉぉぉぉぉ!!!!!!!!

 

なんということだ!!スバラシス!!アジュナイス!!

いやー、前回の記事で講釈垂れまくってとても申し訳なかったなぁ、とちょっと落ち込んでまして、なので、まさかこういう解説動画が上がっているだなんて…。クッ…、本当に本当にありがたいよぉぉおぉ…。勉強に!!なります!!!…ヲタクなので!!

 

 

ということでね!!

上の動画見ればいいから!!それで解決するから!!!フゥッフッー!!

 

以上!!『御座』でした!!! ~ 完!!

 

 

 

 

 

ってしようかな、と思ったけど動画の解説がちとカタい丁寧なので、ちょっとだけ私なりの解説もしますね。

 

まずは、桜江町の大元神楽の一番の特徴である「口上」。口上=セリフなわけですが、他の地域や八調子の神楽とは言い方が若干違います。

例えば、分かりましたよ、って意味の「かしこまって そうろう」。

八調子のとこは「かしこまってぇえ~、そぉ~お、ろ~ぉう」みたいに抑揚をつけた言い方をしますが、大元神楽は「かしこまってそぉろ」って言う。早い。タメがない。高校生の「ちーす」「ちわす」くらいタメが一切ない。

これはねー、八調子見慣れてる人は戸惑うっていうか笑っちゃいそうになるよえ!?セリフ早くね??ってなる。

『天神』の討入りの前の重たいシーン、「わたしも…、お供させて頂きます!」「…、分かった。」みたいな良い場面あるじゃないですか。でも大元神楽だと「俺も行くッスよ」「ッス」って感じになってしまう。サクッとかる~くなってしまう。

なんでこんなにかっぱえびせんなんですか!?と問えば、「そんなに気取った言い方はせんけぇなー、そういうもんだけー」と言われました。…ウッス!!

これがなー、最初はワロエるんですけど、段々クセになってきますからね。それでいい!その調子だ!って気分になってきます。不思議なところだ、桜江町。

 

じゃあ、やっとこさ演目に入ります。

 

御座というのは、そのまま茣蓙のことで、神様の座る場所=「御座」に青いイグサで新しく拵えた「茣蓙」を敷きます。ダブルミーニングなのかな。まさか、ダジャレなの…か…?

 

最初の方の口上は何言ってるか謎ですよね。呪文か…?ってなる。現代語に訳されても謎が止まりません。これは仕方なくてですね、ある程度、古事記などの知識がないとちんぷんかんぷんだと思います。

大元神楽は自然を信仰しているので、実は陰陽五行説にきちんと即した舞を舞っています。陰陽五行説と言うのは、稀代の陰陽師安倍晴明のシンボルである五芒星をイメージしてもらったらいいかな。東西南北に中央を加えた五方と、木火土金水の五行のバランスを上手く取ることで世の中が安定するという考え方ですね。

なので、最初の呪文は、五方の神が司る五行を説いています

しかし、この思想は中国からもたらされたものです。中国では超有名な四神がそれぞれ、北方・玄武は水、南方・朱雀は火、東方・青龍は木、西方・白虎は金を、そしてこれに中央・黄竜が土を司っているんですけども、残念ながら、日本には五方を司る神様はいないのです*2

でも日本はホラ、八百万の神々がましますからね、なんかちょうどよさげな神様を見つけて当てはめたわけですな。火の神様は…火之迦具土命!だから南担当ね!的な。

なので、五行の特性に当てはまる日本の神様を五方の神に置きなおして、更に四方四方のたくさんの神々をお呼びしているシーンなんですねー。

 

お次は、鈴をシャランラしてますねー。動画はさらっと「鈴は~」って説明されてますけど、ジングルベルしてなくね!?ってなりませんか。『天岩戸』でウズメは金ピカの豪華な鈴をリリーンリーンしてたよね!?って。

その通りで、この鈴を厳密に区別すると「輪鈴(わすず)というものになります。輪の中に輪を通してあって、その輪が互いに擦れてシャンシャン鳴る、って表現が難しいわ。みなさん家のカギに車のカギとかアクリルストラップとかラバーストラップとかひっつけてますよね。アレ振るとジャカジャカ鳴りますよね。それと同じです。←横暴

 

んで、ぐるぐる同じことを繰り返すのですが、大元神楽は神様のための神楽なので一つの動作を何回やるのかいうことが厳密に定められています。基本は4回リピートです。

 

そして!最後の最大の見せ場、ジャンピング・ジャンピングタイム!!(←今つけた)

 

ネタバレになっちゃいますけども、聞くところによると失敗しないように飛べって言われてるらしいですね。実は。これは別に脅されてるのではなく、失敗する前にちゃんと終わりなさい、ということだそうです。

いかに長くジャンピングし続けるかで興奮度合が違ってくると動画でも解説されてましたよね。だけど、舞手からすれば、失敗しないようにどこでやめるかという見極めが非常に大事らしいのです。なんだか観客と舞手のギャップが面白いなー*3

 

 

こんな感じで『御座』、いかがでしたでしょうか?

 

今回は相当マニアックな演目をマニアックに語ってきましたが、実は私、市山大元神楽の例大祭をちゃんと生で見たことないんですよ…。お恥ずかしながら…。2回も見に行ったし、目の前で「神憑り」もあったらしんですが、その頃は寝るのが仕事だったので…。

なので!!ちゃんと!!みたい!!

次は辰年戌年。ということは来年は酉年だから、一年我慢すれば見れる!!楽しみすぎる!!ヒャッホゥーー!! 

 

みなさんもぜひぜひ、カオス不思議なまち・桜江町へ!!

かわいいピンクの橋が「よう、きんさった。」ってお出迎えしてくれますよ。

 

 

 

*1:桜江町はほんともう、すっごい人の良いご老人方がたくさんいる良い所なんだけど、「えんこう伝説」と呼ばれる河童伝説があったり、みなさんご存じのサイコサスペンス昔話「舌切り雀」の発祥の地があったり伝説・伝承に事欠かないオカルティーなとこです。私の祖母は若い時に裏山でツチノコを見たらしい。ツチノコはコロコロ転がって移動するらしい。本当かな。

*2:ここらへんの、陰陽五行説にまつわる宇宙の理を『五神』という演目で実に見事に説いています。登場人物は五行に関するように名づけられていて、末っ子の埴安親王の名が『御座』でも登場していますね。(埴安比売命と埴安毘古命はどちらも土の神様。)埴安親王は五郎の王子とも呼ばれますが、市山大元神楽では黄竜王という名前になっており、他の兄弟も青竜王、赤竜王、白竜王、黒竜王といい、演目名も『五竜王』といいます。独特ですよね。ちなみに、『五神』はセリフで舞を進める「口上舞」なのでセリフが分からないとスゲーつまらないんだなー、これが!!だから!!ちゃんと解説したい、と本気で思ってる!!

*3:ちなみに今回の記事を書くにあたり私の父上(一応、経験者)にインタビューを敢行したところ、ジャンピング・ジャンピングタイムを「わしは50回飛んだんだけぇ!!」と言ってきました。本当かな。